IT業界の業界用語

芸能界では、人とお話をする時に「業界用語」というものを交えて話すようですね。
簡単なところで言うとお寿司のことを「シースー」、夜中の12時のことを「てっぺん」、急いでほしいことを「巻きで」などと言うそうです。
しかし、実際にこのような話し方をする人を見たことがないのであまり信じられないような気もしてしまいます。本当にこういった話し方をする方たちは存在するのでしょうか。

この業界用語というものは芸能界だけが使っているものではありません。実は、私たちにとって身近なIT系の会社でも業界用語というものが存在しているのです。
ITと言われると何だか難しそうな気がしますが、実際にはどのようなものがあるのでしょうか。ここで少し調べてみたいと思います。調べてみると、やはりIT業界なのでパソコンとかプログラミングなどといった難しい用語がたくさんあるようです。
その中でも、私たちが日常で使っている言葉やIT業界ならではといった意味を持つ用語がありましたのでご紹介します。「走る」という言葉がありますよね。これは、自分の足を速く動かして前へ移動することを言いますが、これがどのようにIT業界で使われているのかというと「プログラムがしっかりと動いていること。」を言います。IT業界では、色々なお店のパンフレットを作成するといったことも行っていますがこれは飲食業界であれば「美味しそう。」、「食べてみたい。」と思わせなくてはいけませんよね。そういったときに使われる言葉として「シズル感」という言葉があります。これは、「ヨダレが出てきて止まらないくらい食べたくて仕方がない。」と言ったときに使われます。
IT業界にはイメージと違って、面白い業界用語がたくさんあるのですね。

コメントを残す